ブログ

2017.2.21食育サポーター研修

食育サポーター研修風景

ES(エス)キッチンでは、安全にお客さま、お子さまたちに、作り置きをご提供するために、食育サポーター向けの研修を行っております。

食育サポーターに応募いただいた方には、すぐにでも、ご家庭に行っていただきたい気持ちはありますが、
安心安全にご利用いただくためにも、研修期間をしっかり設定しております。
期間としては、座学研修から2~3週間程度(※個人のスケジュールにもよる)でデビューいただいております。

本日は研修内容、風景をお届けいたします。

研修は、座学と実習と2段階に設定しております。

座学研修では、
・栄養学と食育
・衛生管理
・お手伝いの注意点
・親御さんからよくあるQ&A
・接遇マナー など

これからご家庭で調理を行う上で、最低限身につけておくべき事項について、3~4時間かけてお伝えしております。

実際のお客様の事例なども共有させていただき、現場での実施イメージをつけていただきます。

その後、モニタリング受け入れ家庭にて、2~3回現場実習を行います。
(※モニタリング家庭について・・・初期から定期利用をしていただいているお客様に、実習受け入れをお願いしております。普段ご利用されているので、厳しい目線でチェックしていただいております)

皆さん普段からお料理をよくされていらっしゃる方ばかりですが、買い出しや、いつもと違う場所での調理になると、時間内に終えることの難しさを感じます。
実習を通して、流れや調理に慣れていただきます。

モニタリング家庭の評価を元に、双方同意のもと、本登録となりデビューとなります。

この研修だけではなく、定期的に活躍頂いているサポーターさんたちが集まっての事例共有会やスキル研修もおこなっています。
また、順次ご紹介していきます。