ブログ

2017.3.21食育サポーター研修

3月11日食育サポーター研修を行いました

こんにちは。
ES(エス)キッチンでは、安全にお客さま、お子さまたちに、作り置きをご提供するために、食育サポーター向けの研修を行っております。
ご応募いただいた食育サポーターには、座学研修(4時間程度)、その後、実際のご家庭で実習を2~3回行っております。

3月11日に実施した、座学研修の風景をお送りいたします。

座学研修では、
・栄養学と食育
・衛生管理
・お手伝いの注意点
・親御さんからよくあるQ&A
・接遇マナーなど

内部の管理栄養士による、ESキッチンオリジナルの内容で作成しております。

今回は、実際のお客様の事例から、メニューの提案方法を学び、食育サポーター鈴木が実際に調理デモを行いました。

また、研修にご参加いただいた方の息子さんにもご協力いただき、野菜をフライパンに入れる、混ぜるなど、一緒に調理をし、ESキッチンがおすすめするお手伝い力育みAプランの実践方法を学んでいただきました。

≪メニュー≫
・鮭のちゃんちゃん焼き
・白菜の中華風煮浸し

座学研修の後半は、実際にご利用者様宅へ訪問している食育サポーター小沢さんと交流も兼ねて、調理されたおかずを食べながら、体験談やお客様から喜ばれた話などを共有し、現場での実施イメージをつけていただきました。

今回研修を受けられた方々は、すでに1回目の実習をモニタリング家庭で終えたところです。
(※モニタリング家庭について:初期から定期利用をしていただいているお客様に、実習受け入れをお願いしております。普段ご利用されているので、厳しい目線でチェックしていただいております)

実習を通して、流れや調理に慣れていただき、モニタリング家庭の評価を元に、双方同意のもと、本登録となりデビューとなります。

また、この初期研修だけではなく、食育サポーター登録者全員向けに「離乳食講座」「お手伝い力育み講座」をはじめとするスキルアップ研修やサポーター同士で情報交換や交流を深めるための定期交流会なども開催していきます。

次回の開催は、4月22日(土)10時〜を予定しております。ご興味がある方は、まずは食育サポーターへご応募いただければ幸いです。