エスキッチン

料理を通して子どもの「自信」を共に育むエスキッチン

ホーム
Menu

ブログ

2018.9.30ブログ

【ご利用家庭紹介Vol.37】子どもの味覚を育むお味噌汁作りにチャレンジ

こんにちは。エスキッチン事務局です。

本日は、定期でお手伝いプランをご利用いただいているご家族についてご紹介いたします。

Mちゃんという6歳の女の子がお手伝いをしてくださるU様ご家族。
担当食育サポーターは、淵江公美子です。

今回は、大好きな「なめこ」を使ったお味噌汁作りをしたい!というMちゃんのリクエストにお応えし、昆布と鰹節からとったお出汁を使った「なめこのお味噌汁」をご提案いたしました。

まずは、お水に浸ける前と後の昆布の大きさを比較します。
お水に浸してしばらく置いておくと、昆布が大きくなったのが、わかります。
「食材」をよく観察することも、「食育」に繋がります。

沸騰直前で昆布を取り出すと、「昆布だし」の出来上がりです。
かつお節を入れて、沸騰させ、1~2分後に濾して作った「合わせだし」との飲み比べをしてもらいました。
昆布だしと合わせだしの味や匂いの違いを感じてくれたようです。

その他にも、「きのこたっぷり炊き込みご飯」に入れるきのこを割いたり、

「まるごとさんま煮」に入れるさんまのブツ切りなどをお手伝いしてくれました。

【今回ご提供したメニュー】
・お出汁で炊く!きのこたっぷり炊き込みご飯(冷凍保存可能。)
・秋の味覚。まるごとさんま煮(じっくりコトコト煮込みます。冷凍保存可能。)
・鶏肉とかぼちゃのトマトクリーム煮(冷凍保存可能。オムライスやパスタのソースにもアレンジ可。)
・下味冷凍保存用豚肉のねぎ塩焼き(解凍後、フライパンで焼くだけ。)
・かぼちゃの煮物・かぼちゃのおやき(冷凍保存可能。)
・ほうれん草とにんじんのしら揚げ(ごまの風味香る一品。)
・なめもと豆腐のお味噌汁。(お子様と一緒に作りました。)

味覚には、「甘味」「塩味」「苦味」「酸味」がありますが、
昆布と鰹節からとった「お出汁」は、「うま味」と呼ばれ、子どもの味覚を育みます。

エスキッチンのお手伝いプランでは、お子様にお手伝いをして貰うだけでなく、食材に触れたり、匂いを嗅いだり、味を確かめたり、
様々な「食体験」を通して、お子様の成長をサポートいたします。

お手伝いプランのモニターも大募集中です!詳しくはこちら↓
https://es-lifeagency.co.jp/blog/2017/10/31/780/

エスキッチンへのお申込みはこちら↓
https://es-lifeagency.co.jp/application/