エスキッチン

料理を通して子どもの「自信」を共に育むエスキッチン

ホーム
Menu

ブログ

2018.3.13ブログ

【ご利用家庭紹介Vol.22】子どもの好き嫌いが克服できました

こんにちは。エスキッチン事務局です。

今回は、定期で8か月以上お手伝いプランを月2回ご継続いただいているT様ご家族についてご紹介いたします。
担当食育サポーターは、林 朋子です。

T様ご家族の4歳のお嬢様は、申込当初から「きのこ、パプリカ」がお嫌いでした。
サポーターも苦手なきのこを克服できるようにメニューを検討し、今回は、「菜の花のグラタン」にしめじを入れることにしました。

グラタンの具と小松菜の納豆和えは、お嬢様がお手伝い。

エスキッチンを始めたころは、包丁を怖がっていましたが、徐々に怖がらずに使えるようになりました。

【今回ご提供したメニュー】
・菜の花のグラタン
・牛肉のごぼう巻き
・白身魚のフライと南蛮漬け
・里芋そぼろ煮
・小松菜納豆和え
・タップリお野菜のサラダ

追加(※)
レタスとトマトの卵スープ
いんげんの胡麻和え
ゆで卵
です。

(※)エスキッチンでは、事前にメニュー提案をして決定したメニューをお作りしておりますが、時間に余裕がある場合は、ご家庭の冷蔵庫の余り食材などを使用して追加の品もお作りしております。

その後、グラタンに入れていたしめじを食べることができ、お嬢様が「しめじはもう食べられる!」と自信を持ってくださったとお母様が教えてくださいました。
また、小松菜の納豆和えの小松菜が美味しかったということで、それ以来葉っぱものを見ると『これ、小松菜?』と食材にも興味をもってくださるようになったとのことでとても嬉しく思いました。

子どもが調理に携わることで、子どもの好き嫌いが克服できた事例となります。
エスキッチンは、引き続き、料理を通して子どもの自信・自立・自己表現力を育んで参ります。

お手伝いプランのモニターも大募集中です!詳しくはこちら↓
https://es-lifeagency.co.jp/blog/2017/10/31/780/

エスキッチンへのお申込みはこちら↓
https://es-lifeagency.co.jp/application/