エスキッチン

料理を通して子どもの「自信」を共に育むエスキッチン

ホーム
Menu

ブログ

2018.7.12ブログ

【ご利用家庭紹介Vol.30】小学生の娘に料理を教えたい

こんにちは。エスキッチン事務局です。

本日は、お手伝いプランモニターとして3か月のモニタリングいただいたお客様からのご感想をお届けします。

日経DUALの弊社代表の城の対談記事をお読みいただき、小学5年生になるお嬢様に料理を習わせたいとお申込みいただきました。

担当食育サポーターは、伊藤きく子です。

小学校高学年になると、ほとんどのメニューのお手伝いをしていただくことがあります。
今回は、ちらし寿司のご飯を土鍋で炊くところからはじめ、茶碗蒸しは、出汁の分量を変えて、茶碗蒸しと卵豆腐と二種類作りました。また、肉巻きは、なすとオクラとにんじんをAちゃんの好きなように組み合わせを変え巻いていただきました。たくさん作ったので、塩・こしょう味としょうゆ・みりんの甘辛味と二種類を作りました。

ちらし寿司の盛り付けのお手伝いをお願いしたところ、可愛いお顔の盛り付けをしてくれました。

【今回ご提供したメニュー】
・五目ちらし寿司
・茶碗蒸し
・野菜の肉巻き
・切り干し大根のサラダ
・お麩とワカメのおすまし

【T様のご感想】
エスキッチンを利用し、偏食だった娘も「伊藤さんと一緒に作ったものだから、食べる」といって、食べず嫌いのものだったものも食べるようになったり、食に興味を持つようになりました。また、私自身があまり作らない料理を作ってくださり、食べられるのも嬉しかったです。今後は、娘が一人で何か1品作れるようになってほしいなと思います。

エスキッチンでは、ご家庭ごとのお子様の調理レベルなどをみながら、お手伝いメニューをお子様と一緒に考えながらお作りしています。Aちゃんが今後、ひとりで1品作れるようサポーターもサポートしていきたいと思います。

エスキッチンは、引き続き、料理を通して子どもの自信・自立・自己表現力を育んで参ります。

お手伝いプランのモニターも大募集中です!詳しくはこちら↓
https://es-lifeagency.co.jp/blog/2017/10/31/780/

エスキッチンへのお申込みはこちら↓
https://es-lifeagency.co.jp/application/